防水工事はまさしく地域コミュニティの必要性から成立しています。
治水は古来よりコミュニティの基本です。
大規模洪水やゲリラ豪雨、そして地震災害が多発している今こそ、
コミュニティの必要性が再認識されています。
昔、高度成長期に一斉に整備された防波堤や治水工事、
防水工事等がそろそろ寿命を迎えています。
地域コミュニティのみんなが一丸となって、その必要性を再認識し、
必要とあれば、マンパワーとお金を前向きに投資しなければ、
起きうる災害に対処出来ません。
公共工事の必要性も今では再評価されています。
また地域コミュニティが団結して、日頃から治水の大事さを学ぶ機会を作る、
あるいは設備等の点検を定期的に行う事が、これからの時代に求められています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>